中卒から理学療法士

高齢化社会に伴って、リハビリをする高齢者が増えてきています。リハビリをする方法によって、理学療法士、作業療法士、言語療法士などの職種があります。病気の症状によって、的確なリハビリを行います。これらのリハビリをする職種は、国家資格です。
私は、現在リハビリをしています。足の治療をしています、私の場合は理学療法士の方のリハビリを行っています。担当の方とリハビリについて、理学療法士について色々と話したことがあります。
まず、中卒では資格である理学療法士の国家試験を受けるための専門学校や大学などへ進学することが不可能です。なので、中卒で理学療法士を目指すなら、高校卒業の資格を取得することが絶対条件になります。色々な事情があって、中卒の方もいると思うので、自分にあった高卒の取得をしたほうがいいと思います。高卒の資格を得て、理学療法士になる学科がある専門学校や大学に行くことになります。三年制の学校もありますが、最近は四年制の学校が主だそうです。1番短期間で可能になるのが大検。今の高卒認定ですね。大検も過去問をしていれば攻略できていましたが高卒認定もそうですね。独学が厳しいのであれば高卒認定の通信講座などを活用しましょう。
それを卒業して、初めて国家試験を受けることが出来るのです。
先ほども述べたように、リハビリには、理学療法士、作業療法士、言語療法士の資格がありますが、今の就職状況を見ると、リハビリに関わる仕事では、一番理学療法士の方の求人が多いようです。整形外科、リハビリテーション科のある病院だけでなく、老人保健施設や老人ホーム、訪問リハビリなど、自分にあった職場、働き方を見つけることが出来ます。
理学療法士の場合、中卒または高校中退で、一度勉学から離れても、資格は年齢に関わることがないので、やる気さえあれば中卒からでも理学療法士になれます。知識を入れておくのも大事ですが、リハビリは、患者、または利用者とのコミュニケーションが大事になってきますので、そのように人と接することが好きな人には向いている職業だと思います。中卒で、少し社会に出る時間が遅れても、理学療法士は給料も比較的高いので、お薦めな職業だと思います。